30代のおすすめコーデ

結婚式ドレス 30代
控えめな透け感のレースが上品
好感度の高いネイビーのドレス

30代は自分のライフスタイルが確立されてきて、仕事に育児に趣味にとそれぞれ充実した毎日を送り、内面の美しさが出てきだす年代です。
結婚式ドレスも、友人に加え、後輩の結婚式にお呼ばれもすることも増えるので、お祝いのお席に相応しい華やかさにはもちろんのこと、20代の頃とは違う「落ち着き」やきちんと感をプラスした装いを意識したいものです。

30代 ドレスアップ 品のある華やかさにシフト

良識あるフォーマル感を意識すると、『品があって華やかな大人の女性』
になれます

品のある華やかさを出すための基本3

  • ①『可愛らしさ』より『シンプルで上質』を意識する。
  • ②肌の露出は控えめに。
  • ③膝下丈がエレガント。

①『可愛らしさ』より『シンプルで上質』を意識する。
可愛いデザインより落ち着きあるデザインを重視したドレス選び、上質を見極める目を養いましょう。
②肌の露出は控えめに。
肌の露出は極力控えると、良識があり知的な大人オーラを醸します。
③膝下丈がエレガント。
マナーを意識した長めの丈が必須ですが、マキシ丈よりもある程度脚が見えるほうがスマートに見えます。30代にはミモレ丈がおすすめです。

30代の綺麗なコーディネート例

30代 おすすめ 結婚式 披露宴 パーティー ドレス

好きなデザイン、カラーのドレスを選んでいた20代からもう一歩ランクアップ、30代にふさわしいのは周囲への気遣いが行き届いたドレス選び。
華やかさ、良識や品を兼ね備えたスタイルがお祝いの気持ちを表します。

ドレス選びの3つのポイント

  • 1.肌の露出は控え、上品な印象に
  • 2.生地感や質感のあるドレス
  • 3.お袖があるドレス

1.肌の露出は控え、上品な印象に
手首や足首など細い部分をちらりと見せるとほっそりと見せる効果があります。

クラシカルデザイン
手元を綺麗にみせるベルスリーブ
タックを効果的に使いお腹まわりや背中もカバー
ほどよいレースの透け感が素敵なクラシカルデザイン

2.生地感や質感のあるドレス
ドレープがでるとろみのある素材や、控えめな透け感のシフォンやオーガンジー、光沢のある素材が
お肌を綺麗にみせます。

ブラックドレス
ボディラインを引き立てるマーメイドライン
シンプルなシースルー袖のブラックドレス

3.お袖があるドレス
お袖があるドレスなら羽織りなしで着られます。

シンプルデザイン
清楚なネイビーのスタンドカラー
日常のお出掛けにも着回しできるシンプルデザイン

まだまだパーティー参加の機会が多い30代。
これからのご着用シーンも想像しながら華やかなイメージが多い結婚式ドレスにパーティードレス
もご覧いただき、是非お気に入りの一着を見つけてください。

30代、 綺麗に見えるポーズをマスターして
エレガントな女性に

結婚式や披露宴のお呼ばれなど、様々な年代、立場の方が集うお席で自信をもった振る舞いができるのが成熟した大人の女性。日頃から姿勢に気を付け、より綺麗に見える所作を身に着けましょう。

姿勢に気を遣うことにより、ほっそりと見えるだけでなく、所作も美しく見えます。また、格式のあるレストランやホテルでも堂々と振舞えるようになります。日頃から背筋を伸ばし体幹を意識する生活習慣を心掛けましょう。

まずは正しい姿勢を知ること。

痩せて綺麗に見えるコツ
痩せて綺麗に見えるコツ。まずは正しい姿勢です。

座るときの脚のポーズ

素足が見えるドレスでは座り方も大切
座り方だけでこんなに素敵になれます。

パーティーやお呼ばれで『座る』時に、エレガントな所作だととても素敵です。足を揃えるだけでなく、伸ばします。慣れるまでこの姿勢は少しきついですが、普段から気にかけて身に着けましょう。今後のパーティーや会食などドレスアップが必要なシーンで、きっと違う展開が広がります。
姿勢を正すだけで着こなせるドレスの種類も広がります。
掲載以外に結婚式のお呼ばれやパーティードレスを多数取り揃えております。是非掲載以外のドレスもご覧ください。

結婚式、披露宴のお呼ばれ 知っておきたい コーディネート マナー

普段より華やかに装うことが基本です。勿論、花嫁さまより控えめな装いとなることを心掛けましょう。 ドレスの色は「白」は新婦の色なので必ず避けましょう。 黒のドレスを選ぶ際は明るい色の羽織物やバッグ、靴などを合わせましょう。周りと被らない明るいカラーを選ぶと会場が華やぎます。 華やかに装うことも「お祝いの気持ち」となります。

親族として出席する場合は、控えめな黒や紺が一般的ですが、男性は皆ダークスーツなので、親族席は暗い印象になりがちです。明るめのグレーやベージュなどを選ぶのもおすすめです。

結婚式や昼間の披露宴では肌の露出は控えめに、ノースリーブのドレスにはボレロやショールを合わせましょう。 夜の披露宴では背中や胸元が大きくあいたロング丈のイブニングドレスが正装とされていますが、まだ日本では大胆なドレスは敬遠される場合もありますので、他のご参加者の方たちの服装とのバランスを考慮することもTPOとして大切です。

ストールやバッグなどの小物であっても素材は革製やファー素材など殺生を連想させるのもはNGです。 コットンやニットといったカジュアルな素材ではなく、 シフォンやシルク、レース、サテンなど光沢や透け感、華のあるものを選びましょう。 冬の結婚式や披露宴でもファー素材のボレロやショールは避けましょう。 黒のドレスを着る際は羽織やバッグ靴などは明るい色を選び、全身黒一色にならないよう注意が必要です。

結婚式のバッグは普段使いのバッグではなく小さめのパーティーバッグを合わせます。 素材は革製やファー素材など殺生を連想させるのもはNGです。 招待状やご祝儀袋、お財布やメイク道具などパーティーバッグに入りきらない場合も紙袋は避けましょう。フォーマル用のサブバッグの準備があると安心です。 アクセサリーの定番は白パールのネックレスです。 昼間の結婚式では大きなビジューがついたものやキラキラしすぎるものは控えましょう。 写真撮影のフラッシュに反射してしまうことが理由です。
逆に夜の結婚式ではきらきら輝くアクセサリーを身に着けてもOKです。 足元はドレスに合わせてヒールのあるパンプスを。サンダルやミュール、オープントゥはフォーマルではありません。 素材はカーフやスエードなどの革でも大丈夫ですが、サテンや金、銀などの光る素材の靴はよりフォーマル度が高くなります。

パーティードレスの通販DeLuceo|ロングドレスやタイトワンピースが人気のTOPへ戻る