ロングドレス|ブランド 種類 コーデ 着丈

ロングドレスの選び方
ロングドレスの選び方

ロングドレスは流行に流されることなく、簡単に素敵なドレスアップができるのが特徴です。

ボディラインが出ない控えめな装いがお好きな方。
特別感のある華やかなドレスアップがしたい方
どちらのタイプのロングドレスもご紹介いたしますので、是非ご参考になさってください。

ロングドレスのブランドと言えば、ディオールなどハイブランドや、タダシショージなどクール系ブランドが有名ですが、なかなか手に入れにくいです。
当記事では、プライベートブランドのリーズブナブル価格、1万円前後でご購入いただけるリアルな素敵なロングドレスをご紹介させていただきます。

①ブランド
②着丈の種類
③デザインについて
④着用シーン
⑤ロングドレス人気ランキング・TOP3

ミニ丈や膝丈の人気が落ち着き、ここ数年「ロング丈」に人気が集まっています。膝下から足首までの様々な丈を選べるようになり、「ミモレ丈」や「マキシ丈」など長さの違いにより名前で区別されるようになりました。

①ミモレ丈
②マキシ丈
③ロング丈
④イブニング丈

ミモレ丈

スカートの裾がふくらはぎにかかる~半分隠れるくらいの丈です。ふんわりしたフレアスカートは可愛くガーリーなイメージに、タイトなスカートは大人の余裕を感じさせるイメージになります。

足首やくるぶしが隠れるくらい長い丈です。ショート丈のトップスを合わせたり、ウエストの高い位置に切替やベルトがあるワンピースをえらぶと脚長効果絶大です。足首が隠れる分、袖をまくって手首を見せたり、ノースリーブのトップスを合わせることにより「抜け感」や「こなれ感」が生まれます。

マキシ丈よりも5~10cmほど短い、足首が見えるくらいの丈です。足首をちらりと見せることにより、脚全体がほっそりとしたイメージを与えることができます。ヒールが高めのパンプスをコーディネートすると大人の色香を感じさせる着こなしになります。

裾が床まであるフルレングスを指します。夕方から夜のパーティーでも正装であるイブニングドレスとはこの着丈で袖がなく、背中や胸元が大きく開いたドレスのことです。

①Aライン
②フレアライン
③タイトライン
④マーメイドライン

Aライン

Aラインの魅力は『体型カバー効果』です。気になるウエストやヒップラインをさり気なく隠しつつ、華やかな印象が出せるので幅広い年代に人気があります。

フレア(flare)はあさがお型に開くという意味です。フレアラインはその意味のとおり、朝顔の花のように広がったシルエットのこと。波のような形状が優雅なイメージを作り出します。ふんわりとしているので気太りしそうなイメージがありますが、ウエストにタックが寄っていないので、意外とすっきりと見せることができます。

女性らしい身体のラインがでるタイトラインのドレスは、女性だけでなく男性からの支持も高いアイテムです。着るだけで色っぽく、いい女度がUPするタイトラインに、ロングドレスのもつ落ち着いた大人の雰囲気をプラス、誰もが見惚れる気品ある装いが完成します。

マーメイドラインは上半身からヒップまでは体にフィットし、膝下からギャザーやフレアを入れて裾が広がっているシルエットです。身を包めば女性らしいしなやかな曲線が浮かび上がり、上品なセクシーさを纏うことができます。いつもとは違う大人っぽさや色気を演出したい日におすすめです。

結婚式や二次会などのお呼ばれ対応、セミフォーマル対応のゲストドレスとして、また、授賞式、表彰式、演奏会、発表会など主役として臨む華やかなシーン、同窓会、お食事会、女子会など、一目置かれるお洒落を楽しみたい日、ホテルでのパーティー、旅行先でのディナーやカジノなどいつもよりドレスアップが求められるシーンに向いています。勿論、日常のお出掛けロングワンピースとしても素敵な装いができます。

①A結婚式、披露宴のお呼ばれ
②同窓会や女子会などのお出掛け
③格式あるレストランやホテルでのお食事
④演奏会や授賞式など晴れのシーン

結婚式、披露宴のお呼ばれ

お祝いのお席に相応しい華やかな雰囲気はもちろん、大人の女性の嗜みとして「高級感」と「上品さ」、「気配り」が求められるシーン。落ちついた印象のロングドレスなら親族の立場として出席する場合にも相応しい装いができます。

さりげなく「お洒落な人」と印象付けたい、周りと差のつくこなれたコーデがしたい時には深みのあるカラーやくすんだカラーがおすすめ。少し地味かな、と思うくらいのデザインが抜け感が出て
お洒落に映ります。

格の高いレストランや料亭での会食やホテルのダイニングでのお食事、ロングドレスなら着席したときも足元が綺麗に見え、所作がエレガントに見えます。また、きちんと感もあるのでなどんな場所でも堂々とふるまえます。

主役としての晴れのシーンやステージは、思い切った華やかなドレスで。会場の雰囲気に華やかに盛り上げ、場慣れした印象を与えます。煌びやかなロングドレスは大勢の人の中でも目を引き、写真にも映えます。

①ボディラインが出ない控え目デザイン
②特別感のある華やかドレスアップタイプ

控え目デザイン

気になる部分さり気なく隠しつつ、控えめで上品なドレスをお探しの方に人気のドレスをご紹介いたします。

せっかくのドレスアップの機会は、華やかに目を引く装いがしたい方に人気のドレスをご紹介いたします。

パーティースタイルに人気のロング丈ドレスを「ボディラインが出ない控えめデザイン」、「特別感のある華やかドレスアップタイプ」に分けてご紹介させていただきました。 お気に入りのロングドレスはございましたでしょうか。

華やかなデザインをご希望の方へ
大胆デザインの華やかなロングドレス

にて様々なデザインをご覧いただけます。
見るだけでも楽しいページです。

ネイビー
ブラック
お役立ち情報
レースのパーティードレスの記事へ レースドレスの選び方は?

レースと刺繍の違い、コットンと白の組み合わせは『清楚なイメージ』など色と素材の効果や、賢い選び方情報掲載。

カラー選び方について記事へ カラーについての特集記事

色の特性によるシーンや立場により相応しい色や、年代によって似合う色、マナー的に気を付けたい色など、具体例を掲載。

袖ありのパーティードレスの記事へ 袖ありパーティードレスは?

二の腕の一番太い部分を隠すことができるのは、袖丈が20cm以上など具体的な賢い選び方情報を掲載。

パーティードレスの通販DeLuceo|ロングドレスやタイトワンピースが人気のTOPへ戻る

デザイン別